大手航空会社と格安航空券は何が違う?航空券の料金について知ろう

- PEX料金でも格安航空券?航空券の料金の歴史

PEX料金でも格安航空券?航空券の料金の歴史

国内で存在している交通網の中で、最もその利用料金が高いものと言えば、航空機の利用料金ではないでしょうか。場所によっては、新幹線などの方が高いというケースもありますが、やはり高額な印象は否めません。
近年では、JAL航空券、ANA航空券の老舗航空会社はもちろん、SFJ航空券などの格安航空券をウリにしているLCCの存在があるので、最も高い交通機関とは言えない状況です。
ただやはり高いイメージのある格安航空券を購入したいとした場合、前提になるのは、どうやって搭乗料金が決まったかではないでしょうか。
ここではそれを紹介していきましょう。

同じ行き先なのになぜ料金が違う

前述に挙げたJAL航空券とANA航空券とSFJ航空券とでは、同じ区間を飛んでいる航空機であるはずなのに、料金が違っています。
海外旅行などになれば、よりそれが顕著に見られ、実に10倍もの値段の差があるなんてことはザラに存在しているのです。
ですから、ツアーや旅行などを申し込む際に航空機を使う場合、やはりなるべく交通費が高くならないような工夫をすることが大事なのです。

その昔は富裕層のみの交通手段

なぜ航空機の搭乗料金が高いのか?それは、その昔は一部の富裕層のみが利用できる交通手段だったからです。このため料金はかなり高額に設定されており、その分非常にわがままなルールが設けられていました。
現在のように搭乗時間や航空会社の垣根などはなく、同じ期間であれば、どの航空会社を利用しても、1年の間、どの日時に予約を入れてもOKというとんでもないルールだったのです。


庶民向けに制限をつけて販売されたのが格安航空券

しかし一部の富裕層相手では、航空会社の経営が成り立たないし、空席が勿体ない。そこで登場したのが、ある程度の制限を設けた上で、庶民でも手に出来る格安の航空券というわけです。
この名残りは現在でも、シートのクラス分けで残っていますね。エコノミーやファーストクラスなどが代表的です。
実はこの仕組が出来上がったのは、意外と遅く1994年になります。こういったものと同じ発想で生まれたのがLCC。まさしくこれまでの空の旅では、当たり前に行われていた機内サービスなどを制限するなどをして、その分目的地までの料金を激安にしますよといったものです。
更にもっと安く購入できる方法を別の記事で紹介しています。
つまり航空機の料金は、現在のPEX運賃でも格安航空チケットとして、航空業界では認識されているということです。そしてより安いチケットを購入したいのであれば、制限が高いものほど安くなると覚えておきましょう。

更新情報

2017-02-22
格安航空券を手に入れる前に準備することの情報を更新しました。
2017-02-22
知識はいらないけど格安航空券を手に入れたい方の情報を更新しました。
2017-02-22
格安航空比較サイトは本当にお得?の情報を更新しました。
2017-02-22
より安く航空券を手に入れたいなら販売時期をチェックの情報を更新しました。
2017-02-22
LCCの航空券はもっと安く購入できる?の情報を更新しました。
ページ上に戻る

Copyright © 2017 大手航空会社と格安航空券は何が違う?航空券の料金について知ろう All Rights Reserved.